負担が少ないマンション経営で家賃収入ゲット

受け取れる利息が大きい

木のブロックと人形とお金

低金利の逆を衝く魅力

まとまったお金ができたからと金融機関に預けたところ、満期日には1000円程度の預金利息を受け取って、利息をもらったのに逆にため息という人が増えたのではないでしょうか。ゼロ金利政策からさらに、ありえないと言われていたマイナス金利へと政策移行させた日銀の戦略を、国民は受け入れるしかありません。そんな超がつく低金利の中、運用開始以来、一度も想定利回りを割り込んでいないというみんなで大家さんに人気があるのもうなずけます。みんなで大家さんの出資額は最低100万円ですが、想定利回りでもっとも低い5%で運用だったとしても、年間5万円のリターンになります。100万円を金融機関に預けた場合の金額と比較するとかなりの差になりますので、みんなで大家さんが人気が出るのもわかります。

運用会社のことは知ろう

みんなで大家さんは不動産を選び、投資家から出資金を募って運営する投資信託の一種と考えられます。選定される投資対象の不動産は賃貸物件のみならず、商業施設やホテルなども加えた各施設からの賃料であり、これらの賃料が分配金の元となります。みんなで大家さんという名称は、みんなでお金を出し合って不動産の大家さんになって、その賃料を仲良く分けましょうということを意味していると考えると、よく理解できます。また、みんなで大家さんを展開する事業者については、投資を始める前には会社について情報を集めるのがいいでしょう。投資にはリスクがつきものであり、みんなで大家さんも例外ではありませんが、十分納得した上でなら投資を始めることができます。