負担が少ないマンション経営で家賃収入ゲット

木のブロックと人形とお金

受け取れる利息が大きい

超低金利時代の今、まとまったお金が分配される投資商品は人気があります。みんなで大家さんは高い想定利回りと、これまでの実績が評価されている投資商品ですが、投資を始めるにあたっては運用会社について調べるなど、知っておく必要のあることは多いといえます。

セミナー

リスクも学べる良セミナー

不動産投資セミナーに参加する時にはよく考えることが大切です。メリットばかりを話す講師ではなく不動産投資によるリスクや狙い目はどんな投資なのかということも知ることができるセミナーが良いのではないでしょうか。

握手

賃貸物件を貸す

サブリースは管理会社が賃貸物件オーナーとの間で交わすリース契約です。オーナーは空き室が会っても家賃保証がされ、面倒な入居者とのやり取りもく、確定申告はスイスイ楽々になります。これからのオーナーはサブリースのシステムで安泰です。

経営を始める前に

集合住宅

まるごとと区分の違い

投資用のマンションを賃貸に出して利益を得ることをマンション経営と言います。マンションを一棟まるごと投資するのが、一般的なマンション経営です。この場合は初期費用がかかりますが、立地・住環境、日当たり・風通しの良いマンションなら人気が出ます。部屋が埋まればそれだけ家賃収入も多くなります。マンションまるごとよりも経済的負担が少なくマンション経営ができるのが、ワンルームマンション投資です。マンションの中の一つの区分だけ購入して賃貸に出すマンション経営で、区分投資とも言われています。この投資の場合も、条件が良いマンションなら安定した家賃収入が得られます。また、まるごとの投資よりも利回りが良いという利点もあります。

初心者でも成功するコツ

初めてマンション経営をする場合、しっかりノウハウを勉強して知識を身につけることが大切です。ノウハウについては経験者に聞くのが一番です。不動産投資セミナーに参加すれば経験者の生の声が聞けて、同じようにマンション経営に興味を持つ人たちと交流ができます。マンション経営に不安なら、「一括借り上げ」をするという手段もあります。マンションをまるごとサブリース会社が一括で借り上げるのが、一括借り上げというシステムです。ただし、一括借り上げをする場合は、あらかじめ一括借り上げをすることを前提に投資用マンションを選ぶことが大切です。マンション経営の途中からだと借り上げてもらえないことが多く、サブリース代金も高くなります。